委員会方針

~50周年実行委員会~

富士宮青年会議所の存在意義をより高めるために。

創立50周年という大きな節目であることから、その歴史と先輩諸兄に大きな感謝を伝え、今後の在り方を示します。それと同時に変化してきた過程を後世に引き継ぐ役割を担います。そして関係団体や富士宮市民に対してもこれまで支えていただいた感謝と共に、様々なパートナーシップと持続可能で市民が誇れる事業を行って参ります。

~会員拡大・アカデミー系委員会~

能動的に共に活動する同志を拡大するために。

我々の運動は、地域社会への奉仕と自己の成長。この両輪をもって活動する同士が多いほど、より広く強力に発信することができます。これまで培ってきた手法だけでなく、新たな試みも取り入れ、柔軟で誠実な拡大活動を展開して参ります。また、新たに入会したメンバーには、青年会議所の理解を深める機会を創出します。

~ひとづくり系委員会~

人の変化をよりよい街の変化へつなげるために。

「まちづくりは人づくり」と良く言われます。よりよい街にするためには、人の想いが鍵を握ります。それぞれの世代の想いがあり、より変化への対応が求められる今だからこそ、ユニークさや発想力を活かして行動することが必要になります。よりよい変化をもたらすために、柔軟な思考で誇れる富士宮に向けた原動力となる機会を創出します。

~総務・事務局~

富士宮青年会議所に関わる全ての事を円滑に進めるために。

各委員会が存分に力を発揮しよりよい事業を展開するため、最大限のサポートをします。また、メンバーの資質向上の一端を担う他、事務的な活動に留まらず対内外問わず包括的に活動をします。また、総務として総会を取り仕切り、青年会議所活動がスムーズに展開できるよう努めます。それと同時に、移ろう世間の流れを敏感に察知し、これまでの誇りと魂を受け継ぎながらも対外との持続可能なパートナーシップを模索するなど、新たな試みでよりよい青年会議所の在り方を模索します。

~出向~

より多くの経験を成長の機会とするために。

人としての成長は移動した距離と会った人数に比例すると言われています。まさに出向はそれを体現しています。まずは人脈の拡大が挙げられ、県、地区、日本、世界へと無限の可能性が広がっています。そして得られた出会いは今後の人生を左右するものになるかもしれません。LOMよりも広い範囲で展開される事業も魅力の一つです。青年会議所だからこそ広がる人脈と経験により大きく成長し、LOMに還元することでより良い富士宮を目指す大きな力となります。