活動報告

富士宮市役所「とうかい号」乗船者出発前報告会にお招き頂きました!

2015年05月29日 19:09

いよいよ出航が明後日に迫った、第42回JC青年の船「とうかい号」

富士宮市役所様からも2名の職員が乗船を決意してくださり、その「出発前市長報告会」に

我々(一社)富士宮青年会議所もお招き頂きました。

IMG_5584

(毎年このような会を開いて下さり、本当に有難いです)

 

旧芝川町時代も含めると今までに通算9名の乗船者をご輩出頂き、下船後の職員の皆さんの活躍

が素晴らしい事から、本年度は2名の乗船者を輩出して頂けることになりました!

こういうお話をして頂くと、ご案内する我々も本当に有難く思います。

 

2名の乗船者、塩川翔平さん(左)、阪本敦哉さん。偶然にもお二人は同級生(同じ学校)との事。

IMG_5586

塩川さん:昨年も応募し惜しくも落選(昨年は1名の募集に対し7名が立候補したとの事です)、

「とうかい号」は今までの人生で一番の成長の機会、自分自身をより一層成長させたい!

 

阪本さん:28年間富士宮で過ごし、地域活動を通し自己を確立してきたが「とうかい号」乗船を通し

地域を超えて様々な人達と積極的に交流し、自分の殻を破りたい。

 

と力強く宣言して下さいました。

 

続いて須藤秀忠富士宮市長から、お二人に激励のお言葉が。

IMG_5606

ご自身の青年時代の経験や、日本の過去の偉人を例に、自分の地域を飛び出し外の世界を見る

事の大切さを説き「自己を追求し、大きく成長する糧にして下さい」と熱いメッセージを頂きました。

 

そして我らが渡邉大亮理事長のご挨拶です!

IMG_5607

まず本年度の事業(文化講演会、富士山ジビフェス、わんぱく相撲等)について、富士宮市との

強い連携・ご協力を頂いたおかげで、すべての事業においての参加者数が過去最高を記録している

事のご報告がありました。そしてさらに「とうかい号」事業においても1名→2名へと輩出人数が

倍増と、富士宮市役所様への感謝と「ご期待に応えらるよう我々も一層の努力を」と想いを語られました。

先日の名古屋結団式の事にも触れ「塩川さん、阪本さんともにチーム内で積極的に発言していた。

他所の青年会議所メンバーから”富士宮は活きの良い人が揃ってるね”とほめられました」と結び

下船後のお二人の成長をお約束しました。

 

また昨年度乗船して頂いた後藤恭代さんもサプライズ登場し、本年度乗船者にエールを送って下さいました。

IMG_5613

あれから1年ですが、自分のなかでは何年も経っている気がします。

乗船中の研修で「自分の10年計画」を立てた。その夢の一つ「1級建築士取得」を叶える為に今頑張っている。「夢を叶える」という想いが、今の自分の原動力になっている。

また色々な人と出会って自己を見つめ直した。

と、「とうかい号」の素晴らしさを語って下さりました。

最後に「ぜひ”青春”してきてください!!」と熱いメッセージで締めて頂きました!

 

最後に須藤市長、渡邉理事長、そして乗船者のお二人を交えて皆で記念撮影!

IMG_5619

 

いつもいつも多大なるご協力を頂きありがとうございます!!

 

色々な人達の想いを乗せ「とうかい号」は5月31日、名古屋港を出港します!