理事長ブログ

ドリームジョブカフェ~メンバーは中学生に何を語るのか?

2013年11月17日 08:55

11月16日、富士宮市立富士根北中学校にて、ドリームジョブカフェと題した地域の社会人が中学生に夢を語る企画に、富士宮JCもお声かけいただき、多くのメンバーと共に参加してまいりました!(^^)!

L春2_~1 DSC_1394

 

以下、メンバーの野本くんブログより

富士根北中学校で毎年開催されているドリームジョブカフェに講師として参加。

 青年会議所のメンバーに声がかかっており、私もメンバーとして参加でした。
 ドリームジョブカフェは少人数のグループの中学生たちに自分の仕事や職業の
 選び方、進路についてなど人生経験を語り、参考にしてもらうというものです。
 
 講師は20人ぐらいで、職業も様々。先生や公務員、自動車の方や石材屋さん、
 保険業やネット、飲食業など幅広い人材がそろっています。まあ、ほとんど
 知っている、有名な方ばかりですが(笑)。
 
 私が担当した学年は中学3年生。まさに受験や進路で悩んでいる年齢です。
 その子どもたちに対してどういう話をすればいいか、などこちらが悩んで
 しまいます。
 私から市議会の仕事や市議会議員の役割、議会の場所、実際の活動や
 なぜこの仕事をしているのか、などいろいろ話をしました。あまり興味ないかなと
 思っていたのですが、けっこう質問や雑談が出て盛り上がりました。
 
 私が選んだ進路や選択、思っていたこと、こうしておけばもっとよかったかなと
 思ったことなど雑談。こちらから進路のことなど聞いたのですが、けっこうあれを
 やりたいとか、目指している方向性がある生徒が多かったですね。
 私が中学の頃は、何となく思い描いていたことはありましたが、受験のことで
 頭がいっぱいで余裕はありませんでした。生徒のほうがしっかりしています。
 どういう言葉で話せば伝わるのか、興味を持ってもらえるのか、こちらのほうが
 勉強になりました。少しでも参考にしてもらって進路に役立ててもらいたいですね。
KC4A0686 KC4A0687
懐かしい教室、懐かしい風景、40歳の自分、もうあの頃から25年以上も経ってるのか・・・